クレジットカード現金化には手数料はかかるの?

クレジットカード現金化は、利用者がクレジットカードのショッピング枠で購入した商品を業者が買い取ることで、利用者が現金を手にすることができるサービスです。

今回は、このクレジットカード現金化サービスを利用する際に手数料は発生するのかという疑問について解説していきたいと思います。

クレジットカード現金化に手数料はかかる!

クレジットカード現金化サービスを利用すると、手数料がかかります。

これには、例外はありません。

サービスの利用者は業者に対し必ず手数料を支払うことになります。

ここでの手数料は、「決まった額」ではありません。

ではどのようにして決まるのでしょうか。

クレジットカード現金化における手数料は、利用者がショッピング枠で購入した商品を業者が買い取る際、購入金額より安い値段で買い取ることで徴収されます。

例えば、利用者が100万円の商品を購入した場合、業者がそれを93万円で買い取れば、7万円の手数料がかかったことになります。

この例では7%が手数料となりましたが、残りの93%を「換金率」と呼び、この換金率が高いほど、手数料がかからないということになります。

換金率は業者によって異なるので、利用する際は換金率をよく比較すると良いでしょう。

なぜ手数料がかかるのか?

さて、手数料がどのようにして発生するかについて説明しましたが、これを読まれた方の中には、どうしてこんなに手数料がかかるのかと思う方もいるでしょう。

そこで、どうして手数料がかかるのかについて説明します。

利用者がショッピング枠で購入した商品は、業者により別の機会に売却されます。

しかし、当然いくらで売れるかは分かりません。

なぜなら、どのような商品にも相場があり、常にその価値は変動するからです。

また、売却する際には手数料がかかりますし、手続きが必要になるケースもあります。

クレジットカード現金化にかかる手数料は、こうした価値の変動リスクや売却時の諸々のコストから発生するのです。

手数料は安くするに限る

クレジットカード現金化には、必ず手数料がかかります。

しかし、手数料は安いものではなく、できれば安く抑えたいでしょう。

ですから、業者を選ぶ際には換金率が高いか、つまり、手数料が安いかという点に注意するようにしましょう。

投稿日:

カードでお金を借りる(現金化の仕組みと違法性)

Copyright© カードでお金を借りる(現金化の仕組みと違法性)【クレジットカード現金化50社比較2017】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.