自分で新幹線回数券を買って現金化するメリット・デメリットは?

クレジットカード現金化サービスは、利用者がクレジットカードのショッピング枠で商品を購入し、それを業者が買い取ることで利用者が現金を得られる仕組みです。

その際、新幹線回数券を購入するという選択肢がありますが、そのメリット・デメリットにはどんなものがあるでしょう。

今回は、そんなクレジットカード現金化を新幹線回数券で行うメリット・デメリットについて紹介します。

自分で現金化するメリット!換金率が高い

普通クレジットカード現金化は、専門の業者を通じて行います。

業者は利用者が購入した商品を買い取りますが、その際安く買い取ることでその差額を手数料として利益を得ています。

利用者側からすれば、購入した商品の何%が実際に現金として手元に入るかが重要になり、これが換金率となります。

クレジットカード現金化を業者で行うと、この換金率は平均で85%前後ですが、新幹線回数券で行う場合90%以上になります。

なぜなら、新幹線回数券の場合業者を通さず自分で行うことができるからです。

自分ですべてやるので手数料などかからないのです。

よって、クレジットカード現金化を新幹線回数券で行った方が、換金率が高くより多くの現金を手に入れることができます。

これは、大きなメリットです。

カードでお金を借りる(現金化の仕組みと違法性)

自分で現金化する場合のデメリット!現金化したのが発覚する恐れがある

クレジットカード現金化を新幹線回数券で行う場合、換金率が高くなりますが、その際クレジットカード会社に現金化が発覚してしまう恐れがあります。

というのも、個人のクレジットカード利用は、常時会社の監視下にあり、不自然な使い方はすぐに見破られてしまうからです。

その点業者なら、どの程度なら怪しまれないかを今までの経験から知っており、そうしたリスクはありません。

クレジットカード現金化がクレジットカード会社に発覚したら、当然カードの利用は停止になり、場合によっては一括返済を求められてしまいます。

クレジットカード現金化を新幹線回数券で行うには、こうしたデメリットがあるのです。

終わりに

ここまで、クレジットカード現金化を新幹線回数券で行うには、換金率が高いというメリットと、クレジットカード会社に発覚する恐れがあるというデメリットがあることをお伝えしました。

この方法で現金化しようと考えている方は、メリットだけでなくデメリットもあるということをよく理解したうえでやるようにしてください。

投稿日:

カードでお金を借りる(現金化の仕組みと違法性)

Copyright© カードでお金を借りる(現金化の仕組みと違法性)【クレジットカード現金化50社比較2017】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.