クレジットカード現金化における優良店と悪徳業者の見分け方は?

クレジットカード現金化は、非常にリスクが高く決してオススメできるようなものではありません。

しかし、どうしても現金が必要な人でこうしたサービスを利用したい方のために、クレジットカード現金化における、優良店と悪徳業者の見分け方について紹介します。

換金率が異常に高い業者は危険!

クレジットカード現金化のサービスを利用したい方にとって、換金率は非常に重要な項目です。

換金率が高ければ、当然手に入る現金も多くなるからです。では、サービスを利用する店を選ぶとき、換金率がとにかく高い店を選んでよいのでしょうか?

答えは、ノーです。

一般的に換金率は、80%~90%が相場ですから、限りなく100%に近いような換金率を提示しているところは、悪徳業者の可能性が高いです。なぜなら、換金率が高すぎるのは、なにか裏があることを示しているからです。

例えば、換金率が高い代わりに、法外な手数料を請求されるといったパターンです。

よって、換金率が高すぎる業者はやめておくべきです。

ホームページや電話対応の質で見分ける

皆さんがクレジットカード現金化のサービスを利用するために最初にすることは、業者のホームページを見たり、電話を掛けたりすることでしょう。

そこが、優良店と悪徳業者とを見分けるポイントになります。まずは、ホームページから説明します。

ホームページであれば、細部まできちんと作られているかに注目しましょう。

なぜなら、しっかりとお金や時間をかけて分かりやすいホームページを作っていることは、お客様に対ししっかりと向き合う姿勢を示しているからです。反対に、適当で雑なホームページを作っているとしたら客を大事にしていないことを示しているのです。

次に電話対応についてです。優良店であれば、お客様に対し誠意をもって対応する意思があるので丁寧な電話対応をしてくるはずです。

しかし、電話口の相手がやる気がなさそうだったり高圧的な態度をとってきたら、それは悪徳業者のサインとなるのです。

安易に業者を選ばないこと

ここまで、優良店と悪徳業者の見分け方についてお伝えしてきました。

優良店と悪徳業者を見分けるには、それなりに時間をかけて吟味しなければなりません。

判断を急いで悪党業者を選んでしまっては、取り返しのつかないことになります。

そうならないよう、しっかりと見極めてからサービスを利用して下さい。

投稿日:

カードでお金を借りる(現金化の仕組みと違法性)

Copyright© カードでお金を借りる(現金化の仕組みと違法性)【クレジットカード現金化50社比較2017】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.