クレジットカード現金化の仕組みと問題点とは?違法性について

クレジットカードの現金化というのをご存知ですか?

街なかでも「カード現金化」といった看板を目にしたり、ネットでも見たことがある方もいるでしょう。

しかし、全く知らない人は「クレジットカードを現金化する」と聞いてもよくわからないことだと思います。

「そもそもクレジットカードの現金化」とは何か。

当サイトでは現金化の仕組みや違法性についてまとめました。

クレジットカードの現金化とは

通常、クレジットカードで現金を得るにはキャッシング枠を利用しますが、ショッピング枠に比べて枠が狭いので限度額に達してしまっていて使えないなんてこともあるかと思います。

そんな時に、枠の大きなショッピング枠を利用して現金を得ることをクレジットカードの現金化といいます。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法として、商品購入をしたあと現金をキャッシュバックすることで現金を作ってくれる「現金化業者を利用する方法」と、商品購入は自分で安く探して手に入れ、金券ショップや質屋などで「自分で現金化する方法」の2種類の方法があります。

詳しく見ていきましょう。

買い取り方式(個人で行う現金化に多い方法)

まず、クレジットカードの現金化の方法として挙げられるのが買取方式です。

  1. クレジットカードを使って新幹線のチケットや換金率のよいブランド品や家電などの商品を購入する。
  2. 買取ショップで売って現金を得る

手順としては、まずはクレジットカードを使って商品を購入します。

例えば宝石や腕時計などの高価な貴金属だったり、金券やチケットなどですが、商品が手元に届いたのちにその購入した商品を買い取ってもらうことによって現金に換金するという仕組みです。

メリットは、高額な手数料を引かれたり振込にならないということはないことと、還元率が低すぎてほとんど現金が手に入らなかったということも少ないです。

デメリットは、業者利用するよりも手間がかかるうえ、カード会社の利用規約で禁止されている行為になるので注意が必要です。

万が一現金化目的でクレジットカード決済しているのが疑われた場合は利用停止になってしまうというリスクがあります。

○キャッシュバック方式(ネットでの現金化に多い方法)

ネットで簡単に現金化できる方法として最近主流なのが現金化業者のキャッシュバック方式です。

  1. 申し込みをしてから電話にて利用方法などの説明を受け身分証明書を送付します。
  2. 業者サイトにある商品をクレジットカードで購入します。
  3. 手数料を引かれた金額が指定した口座に振り込みになります。

例えば、現金化業者のホームページからメール(電話でも可)で申し込みをします。
希望の金額に適した商品購入し手数料引かれた残りの金額がすぐに口座に振り込みになるというわけです。

どちらにしても現金化するために商品を購入する金額の限度=ショッピング枠の上限が現金化できる最大金額となります。

現金化の仕組みがわかりましたでしょうか?

審査があるわけでもなくショッピング枠に空きがあれば誰でも利用することができます。

返済もリボ払いなどにすると月々少額の返済ですむこともあります。

誰でも簡単に現金が手に入るように思える仕組みになっていますが注意も必要です。

ヤミ金業者が運営しているサイトだったり、商品だけ購入させて現金が振り込まれないということもあります。

業者によって手に入る現金の額にかなり違いが出てくることもあるので、業者選びも重要です。

クレジットカード現金化の問題点とは?

クレジットカードの現金化は消費者金融などの業者を利用することなく現金を手にすることができる方法として古くから知られていますが、各クレジットカード会社はこの使い方を規約違反としていることが非常に多く、事実が判明した場合、そのクレジットカードの利用が停止となる可能性があります。

【鹿児島銀行】 「クレジットカードのショッピング枠の現金化」を案内するWEBサイトにご注意ください。
http://www.kagin.co.jp/kojin/FinancialCrime/20100811.html

ショッピング枠の「現金化は厳禁です!」|クレジットカードの三井住友VISAカード
http://www.smbc-card.com/mem/goriyo/shopwaku.jsp

最近ではインターネットでこれらの現金化を請け負っている業者も多数存在しますが、価値の低い商品を押し付けられたり、現金が入金されなかったり、連絡が取れなくなったりするという悪質な業者が多発しているという問題も浮き彫りとなっています。

クレジットカード現金化の被害にあわないために

クレジットカードの現金化は消費者金融などを利用するよりも心理的な面などでも手軽に現金を作ることができる方法ですが、トラブルに巻き込まれる危険性が非常に高い特徴があります。

政府広報などでも注意喚起をしていることもあり、手を出さない方が賢明だと言えるでしょう。

クレジットカード現金化は違法なのか?

キャッシングより簡単に現金を手に入れられる方法としてよく使われているクレジットカード現金化ですが、このクレジットカード現金化、カード会社からは違法と言われています。

現金化の事例についてはこちらでも書かれているように、現金化したら警察に捕まった、なんてことにはならないのかについて解説していきます。

「カード現金化は違法ではありません」

結論から言えば、クレジットカード現金化は違法でもなんでもありません。

少し考えればわかることですが、カードのショッピング枠を使って自力で現金化する方法は、ただの転売行為にすぎませんし、業者を使った現金化もただのキャッシュバック(あるいは商品の買い取り)にすぎません。

これを違法にしてしまうと、世の中の人の大半が転売や商品買い取りの罪で捕まってしまいます。

なので、カード所有者が自力で現金化した場合、業者を使って現金化した場合、どちらの場合でも捕まることはありません。

なので現金が必要になったら、逮捕を恐れず、堂々と現金化すればいいのです。

「現金化は違法ではありませんが、少しグレーなところもあります」

先に述べたように、カード現金化は違法ではありません。

なので、どのような現金化をしても利用者が捕まることはありません。
ただし利用者の目線ではなく、業者の目線で考えると、少し話が変わってきます。

現金化業者が金融業者であると見なされた場合、出資法や貸金業法違反に問われて、摘発されることがあります。

これは、現金化業者を金融業者の一種として考えると、違法に高い利子をとっていたり、金融業者としての登録がされていないという問題があるからですが、(つまり、金融業者としてのルールを守っていないから違法だということです。)これは業者の側の問題であって、利用者の側の問題ではありません。

なのでカードの現金化は、利用者目線で見ればホワイト、業者目線で見ればグレーだということになります。

「まとめ」

利用者目線で見ると、カードのショッピング枠を現金化する行為は、違法でもなんでもありません。

なので、堂々と行っても(法的には)問題ありません。

ただし業者の場合、金融業者としてのルールを守っていないと見なされて、摘発されることがあります。

なので業者目線で見ると、カードの現金化はグレーゾーンだと言えるでしょう。

投稿日:

カードでお金を借りる(現金化の仕組みと違法性)

Copyright© カードでお金を借りる(現金化の仕組みと違法性)【クレジットカード現金化50社比較2017】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.